質問
『原神』の無課金プレイヤー、または『原神』を始めたばかりのプレイヤーにおすすめしたい「原石」の効率的な集め方をご紹介。「原石」を集めるうえで無課金プレイヤーが意識しておくポイントも!
更新: 

無課金&初心者が「原石」を効率的に集める方法

『原神』を含む多くのスマホゲームの醍醐味がいわゆる「ガチャ」

しかし、それは欲しいキャラクター、あるいは武器を入手する手段としてはあまりに運任せなシステムだ。リアルマネーを注ぎ込むのに対して、それに見合う対価を得られるかは不明瞭...というか運次第。そのため、“無課金プレイヤー”としてスマホゲームを遊ぶ者は多い。

そして、ゲームに課金しなくても「ガチャ」を回せる無償石の配布はほぼ当たり前で、『原神』においてもしっかり遊び込めば「原石(※『原神』におけるガチャ石の名称))」の入手は容易い。


▲☆5「放浪者」が登場する期間限定のイベント祈願

幸いなことに『原神』では、期間限定ピックアップとされる「イベント祈願(※『原神』におけるガチャの名称)」の更新ペースが遅め目なうえ、欲しいキャラクター復刻するまでに猶予がある。

そこで本稿では、これから『原神』をプレイする初心者プレイヤー、あるいは無課金プレイヤーが極力無償で欲しいキャラクターを入手できるよう、効率的な「原石」の集め方をご紹介したい

「魔神任務(メインストーリー)」を進める

『原神』では幾つかクエストの種類が分けられており、中でもメインストーリーに位置するのが「魔神任務」。本作は初回のガチャを回せるようになるまで、おおむね30分程度の時間を要することからリセマラは非推奨である

初心者プレイヤーは大人しく物語を進めたほうが時間効率的に「原石」は集まりやすい。どの道「原石」を多く獲得できるゲーム内イベントのほとんどが「魔神任務」を一定以上進めていることを条件としているのも大きな理由だ。

また、「魔神任務」はプレイヤーレベルと言える「冒険ランク」も上がりやすく、ランク上昇に応じた報酬自体もバカにならない。まずはストーリーを楽しみながら「魔神任務」を確実に進めていこう。

「世界任務(サブクエスト)」を放置しない

「世界任務」は本筋の物語とは深く関わらない世界各地のNPCから受注できるサブクエスト。スタートしたばかりの初心者プレイヤーは「魔神任務」で手一杯になりがちだが、気分転換に多少なりとも進めておくべきだ

新エリアを開放するたびに新たなNPCと出会う本作では、「世界任務」の数も膨大の一言。溜まりに溜まったクエストを消化する手段は、ぶっちゃけかなりシンドイ(体験談)。だから極力後回しにしないほうが良いのである。

デイリー任務は欠かさず達成&報告すること

毎日4つ、簡単な任務が冒険ランクを“12”まで上げると発生する。1つの達成で「原石」を10個獲得できるので、7日間欠かさず達成しておくと合計280個は獲得可能

祈願は1回で160個消費することから分かるように配布量は少なめ。ただ、4つの依頼をすべて完了した後、冒険者協会で達成報告を行なえば追加報酬で20個獲得できる。つまり、実際には7日間で420個配布されている

この差は後々大きく響いてくるため、初心者&無課金を問わず必ず達成しておきたい

マップ探索を入念に行なうべし

オープンワールドの特性上、ゲーム内のマップ構造は国ごとで複雑に入り組んでいたりする。どのエリアもすべて地続きで繋がっているのは『原神』の魅力だが、「宝箱」 があらゆる場所に隠されているのは見逃せない。

遊び慣れている無課金プレイヤーであれば、普段は訪れない場所を探し回ると良い。その際、国ごとの評判レベルを上げていれば宝箱を効率良く発見できる「トレジャーコンパス」はほぼ必須だ。

初心者プレイヤーは「宝箱」を探索しながら、「ワープポイント」の開放と「秘境(ダンジョン)」を積極的にクリアしよう

ちなみに各エリア探索中に入手できる「神の瞳」は、各地の「七天神像(ワープポイントの大型版)」に捧げることで報酬が獲得できる。レーダーアイテムを使えばにマップに表示させることが可能だが、後からまとめて回収したほうが効率は良い

さらにレーダーアイテムの製作には国ごとの特産品(キャラクターの育成素材)が必要とされるので、欲しいキャラクターの育成素材という可能性も考えられる。

もしもマップ探索中に瞳を見つけたら、回収せず地図に印だけ付けておくか、あるいは回収してから分かりやすい印でマーキングするのがおすすめ

期間限定イベントや「深境螺旋」はクリアする

ここは初心者プレイヤーにとってハードルがもっとも高いポイント。初めたばかりのプレイヤーは、まず期間限定イベントに参加できるところまで「冒険ランク」を上げて欲しい。期間限定イベントは多くのプレイヤーが「原石」以外に、☆4キャラクター育成素材を獲得できる貴重な機会なので、やはり逃したくはない。

一方で、本作をある程度遊び込んでいるプレイヤーであれば、好みは分かれるものの、エンドコンテンツの「深境螺旋」を率先して消化するべき。最高難度を最高ランクの☆3でクリアするのが望ましいが、最低ランクの☆1つでも1ステージクリアで50個の「原石」がもらえる

深境螺旋」は報酬がリセットされることから毎月2回、最大1,200個の「原石」を入手できるチャンスである。

まとめ

今回紹介した方法はどれもゲームの基本的なコンテンツを遊ぶだけのもの。もしも多岐に渡る幅広いコンテンツを優先付けるのであれば下記を参考にすると良い。

「マップ探索」<「世界任務」<「魔神任務」<「深境螺旋」<期間限定イベント<デイリー任務

魅力溢れるキャラクターたちで、オープンワールドの拡張され続ける世界を冒険できるのは『原神』で特筆すべき良さだ思う。欲しいキャラクターが登場したときに備え、回収できるものはしっかり回収しておきたい。

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
18
ツイート
LINE
ゲームライター
そりす
複数のゲームメディアを渡り歩くその日暮らしの傭兵型ゲームライター。 酒とモビルスーツをこよなく愛する男。『DARK SOULS』で人生の教訓を学び、『よるのないくに』で美少女の尊さを知る。休日は薄暗い部屋でワイン片手に革靴を磨く自称ジェントルメン。得意ジャンルはRPGやシミュレーションなどマイペースに遊べるもの。来世は吸血鬼かリック・ドムになりたいと考えている。