質問
荒野行動(Knives Out)における、視野角について紹介しています。視野角の内容やメリット、おすすめの数値まで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
更新: 

視野角とは?

視野角とは「視点操作を補正してくれる設定のこと」です。

視野角には「垂直」と「水平」があり、それぞれの方向の視点操作を補正します。

視野角の数値が高くなるほど、補正がかかり縦にも横にもまっすぐに視点操作が行われます。

視野角を細かく設定するメリット

自分に合った視点操作が可能

視野角の設定次第で、自分の指の動かし方に合った視点操作を作れます。

そのため視野角を設定する前よりも、敵に弾が当たりやすくなります。

ヘッドラインを狙いやすい

視野角を高くすれば、ヘッドラインを簡単に狙えます。

水平の数値を高くすれば、上下のブレが補正されるのでとても強力です。

視野角のおすすめ数値

0.0

視野角0.0は、自分で動かしたとおりの視点操作になります。

補正がかかると操作しにくい方は、0.0に設定しておくと良いでしょう。

また猛者プレイヤーのほとんどは、この0.0の数値になっています。

20.20

視野角20.20は、補正が大きくかかり上下の視点操作のブレがほとんどなくなります。

いつも敵に弾が当てにくい方は、試してみると良いでしょう。

5.5

視野角5.5は、若干補正がかかるのでほどよく上下のブレがなくなります。

20.20だと補正が強すぎるけど。0.0では足りないという方におすすめです。

視野角の設定方法

戦闘設定から感度設定を開く

画像のように、設定から戦闘設定、感度設定と開くと設定できます。

水平と垂直は間違えやすいので、気を付けて設定しましょう。

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
41
ツイート
LINE
webライター
Rui0107
荒野行動はシーズン3からプレイしており、大会優勝実績2桁、キル集いいね100越えの経験もあります。 ゲーム攻略記事を始めとする多ジャンル記事を1年で500記事以上執筆。プレイヤーならではの独自の視点で、分かりやすい記事を執筆しています。