質問
荒野行動のスマホ版のボタン配置についての解説です。おすすめのボタン配置を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。
更新: 

スマホ版のおすすめボタン配置の解説動画がこちらです。

ボタン配置とは

荒野行動のボタン配置とは、自分専用に攻撃ボタンやマップなどの配置をカスタマイズできる機能です。
通常のボタン配置に比べると、自分の動きにあった配置ができたり、ボタンのサイズも自由に変更できます。

ボタン配置方法

ボタン配置の設定方法を解説します。

①トップ画面から「歯車マーク」を押します。

②左の列の「操作設定」から「画面レイアウト」を押します。

③画面レイアウトから「カスタマイズ」の「戦闘画面」を押します。

クラウドプラン1~クラウドプラン3まであり、それぞれ好みのボタン配置を設定できます。

④ここからボタンの配置やサイズを自由にカスタマイズできます。

カスタマイズができたら「保存」を押すと設定が完了します。

2本指と4本指、どっちがおすすめ?

ボタン操作をするうえで、「2本指操作」と「4本指操作」があります。
初心者におすすめなのは、「4本指操作」です。

その理由は、両手の人差し指と親指で挟むことでスマホが安定して操作がしやすくなるからです。
また、2本指よりも4本指の方が可動域が広いので操作ミスが少なくなります。

おすすめのボタン配置

おすすめのボタン配置を紹介します。

ボタン配置
右手人差し指スコープ、ジャンプ、しゃがむ、左右のリーン
右手親指エイム(照準操作)、リュック、武器の切り替え、リロード
左手人差し指射撃ボタン
左手親指伏せる、ダッシュ、移動ボタン

指が当たりやすい場所に、使用頻度が高いボタンを配置します。

特に、スコープと射撃は両手の人差し指が当たる場所に配置をしましょう。
また、移動ボタンは右下に固定して、サイズは最大にすることで移動がスムーズになります。

スコープとジャンプの位置を近付けることで、スコープとジャンプの間を1回押すだけで両方が反応します。操作にかかる時間が短いことで、安定した戦闘ができます。

伏せる、ダッシュは左手親指だけではなく、右手親指に配置もできます。左手親指は移動ボタンだけに集中したいと思うときには、右手親指に配置しましょう。

動画で解説

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
WEBライター
tatto
得意なジャンルは、ゲーム・映画・エンタメ・アウトドア等幅広く対応が可能です。ライティング歴は6年ほどになります。 基本的に、文字を書くこと、絵を描くこと、映画を観ることが好きです。 ゲームでは、スマホゲーム・PS4を中心にプレイします。 分からないことが解決できるお手伝いができたらいいなと思います。