質問
ヴァロラントのアカウント売買について、違法行為であるかどうかについて解説をしています。利用規約についても紹介をしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
更新: 

ヴァロラントのアカウント売買は規約違反なのか?


結論として、ヴァロラントのアカウント売買については運営元のRiot Gamesが禁止しています。

Riot Games利用規約

皆さんがバーチャルコンテンツを購入し、又は有償無償を問わず獲得する場合、皆さんはバーチャルコンテンツにアクセスするためのライセンス(利用許諾)を得るに過ぎません。皆さんは、解除したバーチャルコンテンツの所有権を取得するわけではなく、誰かに譲渡することもできません。バーチャルコンテンツ自体には金銭的な価値はなく、通常はゲーム内でのみ使用することができ、バーチャルコンテンツを現実社会の金銭へ換金することはできません。

アカウントやログイン認証情報を第三者へ譲渡したり、第三者にアクセスさせたり、それを第三者に持ちかけたりしてはいけません

引用:Riot Games利用規約

アカウント売買が発覚した場合どうなる?


出典:EAA!!

アカウント売買が発覚した場合、取引されたアカウントがBANされる可能性が非常に高いです。
加えて、関連するアカウントに関してもBANされてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

仮にBANされてしまったとしても、そもそも利用規約違反を犯しているため自己責任です。

ヴァロラントは規約違反への対策に力を入れていることで知られています。
そのため、アカウント売買が発覚するリスクが他のゲーム寄り高いことは理解しておきましょう。

アカウント売買は法律違反なのか?


結論として、アカウント売買をするだけでは法律違反になることはありません。
ただし、以下に該当するアカウントが取引された場合には法律違反となります。
  • 使用できないアカウントを販売した場合
  • 不正アクセスをしたアカウントを販売した場合

それでもアカウント取引をしたいのなら


リスクを理解したうえでアカウント取引をしたいのであれば、アカウント売買サイトを経由するようにしましょう。

代表的なアカウント売買サイトにはGameTradeがあり、取引に関するさまざまなサポートをしてくれます。

また、アカウント売買サイト・RMTサイトを横断検索できる「Price Sale」を活用することで、効率的にアカウントを見つけられるでしょう。

アカウントを安全に取引するには?

アカウントを安全に取引するためには、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。
詳しくは下記の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
3
ツイート
LINE
編集部
ゲーマーズ
ゲーム記事の編集チームです。ゲーム歴20年以上のベテランが集結しており、ゲーム雑誌への寄稿も10年近くづづけているメンバーや、eゲーム大会の上位入賞経験のあるメンバーが在籍しています。スマートフォンゲームや、PCゲームに関するご質問に何でもわかりやすく回答します!いま一番欲しいスマホは「ASUS ROG Phone 5」 です!