質問
リコイルコントロールは、Valorantの撃ち合いに必要となる要素の1つです。今回の記事では、リコイルコントロールの練習方法、練習の際におすすめのクロスヘアをご紹介します。
更新: 

リコイルコントロールとは

銃の反動をリコイルと呼び、反動を制御することをリコイルコントロールと呼びます。

プリエイムやストッピングヘッドラインの意識などと同様に、Valorantの撃ち合いにおいて重要な要素の1つです。

リコイルコントロールの必要性

結論から言うと、リコイルコントロールの練習は必要です。

リコイルコントロールを練習しておくことで、以下のようなメリットがあります。

  • 初弾を外したときに胴撃ちで倒しきれる
  • 敵がラッシュを仕掛けてきたとき2人目以降に対応できる

また、Valorantでは初弾を除き、クロスヘアどおりに弾が飛びません。
そのため、リコイルの感覚を掴む必要があります。

リコイルコントロールの練習方法

リコイルコントロールの練習は以下の手順で練習していきます。

  1. リコイルパターンの把握
  2. 縦のリコイルコントロール
  3. 横のリコイルコントロール

リコイルパターンの把握

まずは武器のリコイルパターンを把握しましょう。
射撃場に入ったら、練習したい武器を選択してください。

F3キーの設定から「弾薬無限」をオフにしましょう

壁に向かってリコイルコントロールをせずに射撃します。

ファントムであれば7発目まで真上に飛び、その後やや右上、左、右と集弾します。

左右のリコイルはランダムのため注意が必要です

縦のリコイルコントロール

リコイルパターンを把握できたら、縦のリコイルコントロールを練習します。

最初は3点バーストなど少ない弾数からでも大丈夫です。
横のリコイルは考えず、徐々に弾数を増やしていきましょう。

横のリコイルコントロール

縦のリコイルコントロールができるようになったら、横のリコイルコントロールにも挑戦しましょう。

最初は壁の弾痕を見ながら練習するのがおすすめです。

1マガジンを撃ちきったとき、弾痕が円形に集弾していることが理想です。

リコイル練習におすすめのクロスヘア

変更するのはアウターラインの項目のみです。

アウターラインの不透明度

1

アウターラインの長さ

1

アウターラインの長さ

1

アウターライン オフセット

40

移動エラー

オフ

射撃エラー

オフ

上のドットに弾が集弾するため、初心者の方におすすめのクロスヘア設定となっています。

詳しくはこちらの動画がオススメです。
プロゲーミングチームZETA DIVISIONのコーチをされているJUNiORさんが解説されています。

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
4
ツイート
LINE
ゲームライター
佐々月
ゲームジャンルを中心に活動するWebライターです。最近はValorantやApexLegends、Escape from TarkovなどのFPSゲームを中心にプレイしています。FPS以外にもアクションやレース、パズルなど様々なジャンルのゲームをプレイしてきました。記事を通して私の経験・知識を共有できたらと思います。