質問
プリエイムは、覚えるだけで勝率が上がるテクニックの一つですが、練習方法がわからないと中々習得するのが難しいテクニックです。この記事では、プリエイムを上達させる方法について紹介します。
更新: 

プリエイムとは

プリエイムとは、敵が来るであろう場所に最初からクロスヘアを置いておくことです。VALORANTは、一瞬で撃ち合いが終わるゲームなので、フリックなどのエイムよりもプリエイムが一番重要です。

プリエイムを覚えるメリット

エイムを動かす幅が少ない

プリエイムがしっかりしていれば、相手と撃ち合う際のエイムの動かす幅を最小限にできます。なので、相手よりも先に弾を撃ち始めることが可能で、無理なエイムをする必要もなくなるので安定感も上がります。

スモーク抜きがしやすくなる

プリエイムは、壁越しにエイムを合わせてピークする場合などもあるので、自然と見えてない位置のプリエイムが身に付きます。なので、スモークを設置されても相手のいるであろう位置を予測しやすいのでスモーク抜きがしやすくなります。

ピークがしやすくなる

プリエイムしてピークをする場合、壁越しにエイムを合わせてピークをしてキーボードでエイムをするような場合がほとんどなので、どこまで自分が体を出すのかがわかりやすいのでピークがしやすくなります。

プリエイムを上達させる方法

オブジェクトを意識する

マップ上にある箱などのオブジェクトは、基本的にエージェントの頭の高さと合うように設計されています。なので、相手の出てくるであろう位置の近くのオブジェクトを意識することで縦のラインを簡単に合わせることができます。

ソーヴァを使用する

ソーヴァは、壁越しに相手が透けて見えるスキルが多いので、ソーヴァを使うことで自然とプリエイムが身に付きます。実践以外にもプラクティスモードのスパイク解除などのモードでソーヴァを使うのもおすすめです。決め撃ちやピークの練習にもなるので、プリエイムに自身がある人でも練習してみましょう。

カスタムで練習する

カスタムでセージを選んで落下死してからultimate>アルティメットを使って死体を復活させることで復活させた場所に動かないセージを置くことができます。天井がある場所などには、設置できないので確認できる場所は限られます。

味方扱いでセージを設置できるので壁越しにもプリエイムの位置を確認できます。特定の位置のプリエイムがわからないときにおすすめの方法です。

デスマッチをプレイする

デスマッチは、マップの構造を理解するのに向いています。プリエイムとヘッドショットラインを覚えるには、シェリフのみでデスマッチをプレイするのがおすすめです。

音がしたときだけプリエイムがしっかりとしていて、音が聞こえないときはプリエイムが疎かになってしまうという人は、常にプリエイムを意識させるために音を消してデスマッチをするのがおすすめです。

ヘッドショットラインとは、相手の頭の位置がくる高さのことです。プリエイムをする際は、ヘッドショットラインを意識するのが一般的です。

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
ゲームライター
nagi
VALORANTを主にプレイしています。 設定からプレイまで様々なことについて知っているので、初歩的なことから難しいこと・専門的なことまで幅広く紹介していきたいと思います。 VALORANTでの最高ランクはレディアントです。