質問
VALORANTの基本的なルールや注意するべき点、試合の流れについて説明しています。VALORANTは少しルールが複雑な部分もあるため、初心者にとって分かりやすい内容となっています。
更新: 

基本ルール


VALORANTは、5vs5で攻撃側と防衛側に分かれて行なうゲームです。
攻撃側はスパイク(爆弾)での爆破、防衛側は爆破の阻止が最終目標です。
1試合最大で25ラウンドを行い、先に13ラウンド先取したチームが勝利となります。

攻撃側の勝利条件


攻撃側の勝利条件は下記になります。

  • 防衛側の全滅
  • スパイクでの爆破

防衛側の全滅


防衛側のプレイヤーを全員倒すと、攻撃側の勝利となります。
全滅の場合、スパイクの設置は関係ありません。
しかし、スパイクを設置するともらえるクレジットが増えますので、相手が全滅しても間に合うならスパイクを設置するようにしましょう。

スパイクでの爆破


攻撃側はスパイクでの爆破に成功することも、勝利条件の一つです。
100秒の制限時間内に設置しなければいけませんが、設置までには4秒かかるため、攻撃側はその時間も考慮する必要があります。
設置から爆破までには45秒かかるため、その間スパイクを守り防衛側の解除を阻止することで、攻撃側の勝利となります。

防衛側の勝利条件


防衛側の勝利条件は下記になります。

  • 攻撃側の全滅
  • スパイクの設置阻止
  • スパイクの解除

攻撃側の全滅


攻撃側のプレイヤーを全員倒すことで、防衛側の勝利となります。
なお、攻撃側がスパイクの設置に成功した場合、攻撃側を全滅したとしても、スパイクを解除しなければ勝利にはならないので注意してください。

スパイクの設置阻止


攻撃側が100秒の制限時間以内にスパイクを設置できず、防衛側のプレイヤーが一人でも生存していた場合、防衛側の勝利となります。

スパイクの解除

攻撃側が設置したスパイクを解除すると、防衛側の勝利となります。
スパイクは攻撃側に設置されると、45秒以内に解除しなければなりません。
また、スパイクの解除には7秒かかります。
解除が半分以上進んだ時点で中断すると、半分のところから再開できます。
しかし、半分よりも手前で解除を中断してしまうと、また最初から解除しなければならないので注意してください。

試合の流れ

試合の流れについて説明していきます。

エージェントを選ぶ


この試合で自分が使用するエージェントを「80秒」で選択します。
時間内でも、敵味方含めたすべてのプレイヤーがエージェントを選択した時点で、試合は開始されます。
なお、エージェントは一度確定すると、そのあとでの変更はできないので慎重に選択してください。

準備フェーズ

アビリティや武器、シールドを購入するフェーズです
プレイヤーは最初に800クレジットを所持している状態で始まります。
ラウンドを終えるごとにクレジットがもらえますが、もらえる金額はそのラウンドの結果によって変動します。
ラウンド中にキルやスパイクの設置、もしくは解除をすることで、クレジットを多くもらうことができるのです。

ラウンド開始


攻撃側、防衛側はそれぞれの勝利条件を目指します。

攻守交代


12ラウンドが終了した時点で、攻撃側と防衛側が交代します。

試合終了


どちらかが13ラウンドに勝利すると、試合終了となります。
なお、12-12のスコアになった時点で「オーバータイム」に突入です。
オーバータイムとは延長戦のことを意味しており、先に2ラウンドを連取したチームが勝利となります。

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
1
ツイート
LINE
Webライター
岩橋 敬悟
PCゲーム歴は約10年。主にFPSをプレイしてきました。最近熱中しているタイトルは「VALORANT」「Apex legends」「PUBG」などです。競技シーンを見るのも好きで、自分の経験や観戦で培った考察面から、より分かりやすく為になる情報をお伝えしていきます。