質問
VALORANTで1試合あたりにかかる時間を解説します。実際にプレイしてかかった時間の平均を算出していますので、信頼性の高いデータになります。
更新: 

モード別の試合時間


VALORANTのモード別試合時間を調べました。
実際に筆者が各モードを10試合ずつ行い、平均試合時間を算出しています。

アンレート:34分12秒


アンレートの平均時間は、34分12秒でした。

スタンダードなモードであるアンレート。
レートの変動がなく、基本的なルールを採用しています。

アンレートのルールや試合の流れについては、下記の記事で解説しています。

コンペティティブ:36分38秒


コンペティティブの平均試合時間は、36分38秒でした。

ルールはアンレートと同じですが、コンペティティブは対戦結果によってレートが変動します。
またラウンドスコアが12-12になった場合にはオーバータイムが採用されています。

オーバータイムは、ラウンドごとに攻守交代が行われ、2ラウンド先取で勝利です。

スパイクラッシュ:9分32秒


スパイクラッシュの平均試合時間は、9分32秒でした。

スパイクラッシュとは、攻撃側全員がスパイクを持ち、4ラウンド先取で勝利となるモードです。

デスマッチ:9分7秒


デスマッチの平均試合時間は、9分7秒でした。

デスマッチはすべてのプレーヤーが敵になる個人戦。
1人のプレーヤーが40キルに到達した時点で試合終了です。

自分に合ったモード選択を


時間のないときは、デスマッチやスパイクラッシュをプレイするとよいでしょう。
その他のモードに比べたら約3分の1の試合時間だからです。

長時間プレイする場合、気楽にしたいのであればアンレート、緊張感を持ってしたければコンペティティブをおすすめします。

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
6
ツイート
LINE
Webライター
岩橋 敬悟
PCゲーム歴は約10年。主にFPSをプレイしてきました。最近熱中しているタイトルは「VALORANT」「Apex legends」「PUBG」などです。競技シーンを見るのも好きで、自分の経験や観戦で培った考察面から、より分かりやすく為になる情報をお伝えしていきます。