質問
WinningPostのDLCには他のゲームとは異なる特徴があり、DLC間で購入恩恵に大きな差があります。本稿ではDLCについて特徴とおススメをご紹介します。
更新: 

WinningPost9のDLC概要

WinningPost9では購入することでゲーム進行が有利になったり、馬の外見を変更できるDLCが販売されています。

他のゲームのDLCと異なる特徴があり、プレイスタイルに合わせて購入するものや控えておきたいものを選ぶ必要があります。

まずは大きな特徴を3つ解説します。

  1. 年度版をまたげない
  2. 永続効果アイテムと消費アイテムがある
  3. DLCがなくても獲得できる馬が多い

特徴1.年度版をまたげない

まず注意したいのが、購入したDLCは年度版をまたげないことです。

これは、WiningPost9の2021年版で購入していたDLCを2022年版でつかえなかったり、その逆ができないということです。

仮に2023年度版がでるとしても2022年版のDLCが使えないことを前提に購入を検討しましょう。

特徴2.永続効果アイテムと消費アイテムがある

DLCアイテムには1回きりの効果と永続的に使えるものの2タイプがあります。
使い切りアイテムの例としては牡牝の性別を指定できるチケットや能力を数値で見れるチケットがあります。
非常に便利ですが、1頭ごとにアイテムの料金がかかります。


また、限界突破チケットでは能力のカンスト値を引き上げることができ非常に強い馬の育成ができます。
素質がある馬に使うとオンライン大会の上位に食い込める可能性が高くなりますが、オフラインのCPU相手には使わなくても問題なく勝てます。

永続的な効果があるものには馬の所有限界数を大きくしたり、牧場を広くしたりできるものがあります。


こちらはプレイ年数の期限はなく、別のセーブデータや新しく始めたデータでも同じDLCが使えるためおススメです。

トッププレイヤーを目指すなら消費アイテムの購入も検討の価値がありますが、先に永続効果のあるDLCの購入を揃えみると良いでしょう。

特徴3.DLCがなくても獲得できる馬が多い

馬購入権DLCが数十種類あります。

DLCを購入するとゲーム内通貨(資金、お守り)を消費することなくスペシャルウィークなど強い馬をもらえるようになります。
逆に言えばDLCがなくてもゲーム内で貯めた資金を払うと購入できるためDLCの恩恵は小さく感じられます。

注目は1974年以前生まれの馬が購入できるDLCです。

TTGやマルゼンスキーは1976年シナリオですでに2歳以上になっているため通常プレイでは購入できず、DLC限定となっているため検討の価値があります。

おススメDLC

上記の特徴をふまえて、おススメのDLCをご紹介します。

牧場施設DLCフルセット(おススメ度:★★★★★)


牧場関連のDLCバンドルで、所有できる馬の数が増えたり牧場施設を建設できる数が増えて血統操作やシミュレーションがしやすくなります。

以下のDLCを含んでいてセーブデータが変わっても1回分の購入でずっと使えます。

1976年スタート馬(おススメ度:★★★★☆)


テンポイントやトウショウボーイなどDLCでしか所持できない日本の競走馬がセットになっています。

世界永遠の王者たち(おススメ度:★★★★☆)


1974年、75年生まれのシアトルスルーなどのDLCでしか所持できない海外馬が購入できます。

世界のチャンピオンホース(おススメ度:★★★☆☆)


「世界永遠の王者たち」に加えて、サンデーサイレンスやラムタラなど各年代の海外馬を所持できます。
海外牧場開設が遅くなっても海外名馬が確保できるメリットがあります。

海外牧場最速開設セット(おススメ度:★☆☆☆☆)


2年目から無条件で海外牧場を開設できますが、資金がカツカツになります。

条件を満たすとDLCなしで早期に開設できます。

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
情報技術ライター
nappa
好きなゲームジャンルはシミュレーション。 主にウマ娘の記事を作成しています。 記事以外にもゲーム用のwebツールを作ってキクシルで紹介しています。 ウマ娘因子計算ツール→https://faq.price-sale.com/qa/umamusume/0n9vQ3bY9Dff8sWUKQxu ウマ娘ガチャシミュレーションツール→https://faq.price-sale.com/qa/umamusume/h6WkwluY202XI2d3Ay3H