質問
VALORANTは豊富なキャラ(エージェント)とアビリティで戦うゲームです。この記事ではVALORANT初心者向けに、エージェント構成の基本と、初心者でも使いやすいエージェントを4人ご紹介します。
更新: 

選ぶ前に知っておきたい!エージェント構成の基本

勝利するためには、味方の構成を意識することが大切です。

エージェントの役割を理解しておく

エージェントは、大きく以下の4つに分けられています。

デュエリスト

先陣を切るエントリー役。撃ち合いの強さが求められるエース枠でもある。

イニシエーター

索敵やフラッシュで味方をサポートする役。

センチネル

トラップ等で敵の進行を防ぐ守り役。攻めラウンドではラーカー(裏取り)にも適している。

コントローラー

スモーク役。後ろにいることが多いのでIGL(作戦指揮官)に適している。

コントローラー(スモーク役)は最低でも1人必要

おすすめ構成はマップによって異なりますが、コントローラー(スモーク役)はどのマップでも最低1人は必要です。

コントローラー1人さえいれば、あとは自由に選んでも大きな問題はありません。

味方にコントローラーがいない場合は攻めがかなり難しくなるので、自分でピックするか、試合をドッジ(回避)したほうが良いでしょう。

苦手なマップでの試合を回避するには?ドッジの方法を解説 | ヴァロラントのQ&A
いくつものマップが実装されているVALORANTですが、当然人によってマップの得手不得手がありますよね。この記事では、苦手なマップでの試合を回避する方法を紹介します。
ゲムクエ

初心者におすすめのキャラ(エージェント)4選

初心者はまずアビリティの使い方よりも、前に出て撃ち合いを練習することが大切なので、アビリティが簡単で撃ち合いに集中しやすいキャラを中心にご紹介します。

レイナ


レイナはデュエリストの中でも特殊で、撃ち合う前に使えるアビリティが1つしかありません。そのため、撃ち合いや立ち回りに集中できるのが初心者におすすめできる最大の理由です。

相手の視界を奪うアビリティの「リーア」が味方に当たらないのもポイント。デュエリストが2人以上いる構成では、ラーカー(裏取り)として動くこともできます。

セージ


セージは全エージェントの中でも、アビリティが簡単かつ強力なエージェントです。

直感的に使用できるスキルが多く、攻めでは味方のヒールや蘇生、守りでは壁(バリアオーブ)やスローオーブが活躍します。

基本的にどのマップでも強いエージェントなので、なにか1キャラを極めるならセージかレイナがおすすめです。

チェンバー


チェンバーは、センチネルの中でも撃ち合いに特化したエージェントです。

カメラ・ケージの操作が複雑なサイファーや、トラップに範囲制限があるキルジョイと比べて、チェンバーはトラップを置くだけの簡単操作。

トラップ設置後は撃ち合いに集中でき、テレポートスキル「ランデブー」を使ったオフアングルでの勝負や、味方と逆サイトに進行して敵を騙すことができます。

ブリムストーン


コントローラー(スモーク役)の中では、ブリムストーンが一番簡単かつ直感的に操作できるでしょう。

オーメンはシュラウドステップやパラノイアを使いこなすのが大変で、ヴァイパーは知識と毒の管理が必要、アストラは操作がかなり特殊です。

ブリムストーンは撃ち合い前にスキルを使い切ってしまうことがほとんどなので、撃ち合いに集中しやすいのもポイント。

参考記事

初心者~中級者が解放すべきエージェント

エージェントの解放方法、初心者~中級者が解放すべきエージェントについては以下の記事でもご紹介しています。

基本的なルールや押さえておくべき知識

ゲームの基本的なルールや、初心者が押さえておくべき知識については以下の記事で解説しています。

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
WEBライター
yuuya72
90年生まれのゲーム好きおじさん(お兄さん)です。とくに競技性の高いゲームが好きで、今はVALORANTを毎日2~3時間プレイしています。FPS初心者から約半年でダイアモンドに到達しました。 ゲームの本質を理解し、言語化することが得意です。初心者にも分かりやすい記事を心がけますので、ぜひ参考にしてみてください。